トップページへ
病院概要へ
外来案内へ
入院案内へ
アクセスへ
各科紹介へ
検査案内へ
人間ドックへ
リハビリ
大腸検査のご案内へ
ピロリ菌へ
お知らせへ
関連リンクへ
サイトマップへ
リハビリテーション科案内 患者さまからの質問集


患者さまからの質問集

患者さまからの質問集

【接骨院・整体とはどう違うの?】
 接骨院・整体では、柔道整復師などの方々が施術を行っており、その内容は一般に電気や温熱などの物理療法やマッサージが主体です。接骨院では、病気の診断をしたり、レントゲンを撮ったり、薬を出したり注射をしたりすることができません。これらは、一般に医療類似行為といわれ制度上も医療行為とは区別されています。当院では、医師の診断、指示のもとに原因を把握し理学療法士が医師、看護師など他の医療技術者と連絡を取りながら患者さまのリハビリを行っております。お困りの方は、一度病院での診察を受けてみてはどうでしょうか?




【どんな症状がある時にリハビリを行うの?】
  • 持続した腰痛・四十肩・肩こり等のために日常生活に支障がある
  • 関節・手足の痛み、しびれ感、変形、可動域制限がある
  • 筋力低下があり動きが悪くなった
  • 手足に麻痺や不自由がある
  • 上手く歩くことができない
  • 食事、更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない
  • 上肢装具、下肢装具、車椅子、座位保持装置などを作りたい
    etc


【リハビリではどんなことをするの?】
 主に外来の患者さまで痛みのある方には、まず痛みを和らげるために温めたり、電気をあてる等の物理療法を実施します。それから動く範囲を拡大するために関節可動域訓練やストレッチを行います。次に高い負荷での運動や重りを付けての筋力の強化を行い、最終的には動作能力の改善を促すようにしていきます。また、その過程として杖や装具、車椅子の処方などの相談も受けております。




【リハビリはどのような頻度で通えばいいの?】
 リハビリ科は原則予約制となります。初診の方は一度医師の診察を受ける必要はありますが、その後のリハビリではご自身で通う頻度を決めて通っていただいております。通う目安としては痛みやしびれ感などが強いうちはご自身が通える範囲で可能な限り通院することをお勧めします。例えば、毎日通って来られる方もいれば、仕事が忙しいなどで週1回のみ通って来られる方もいます。




【リハビリはどのくらいの期間で通えばいいの?】
 リハビリを行う期間としては症状の軽減が認められるようであれば(増強してしまった時もそうですが)一度医師の診察を行い、相談した上でリハビリの終了時期を決めていきます。




【一回にかかる時間はどのくらい?】
 リハビリの時間は人によって症状が違い、リハビリの内容も変わってきます。そのためリハビリの時間は人それぞれ異なりますが、平均すると約30分です。ほとんど待ち時間はありませんが、患者さまが集中して来られた場合は待つこともありますので御了承下さい。




*受診に際してのお願い
リハビリテーションを受ける初診の際には必ず医師による診察を受ける必要がありますので御了承下さい。なお診療科目がわからない方は受付にてご確認ください。



お気軽にご来室下さい。

ページTOPへ    





Copyright (C) 2003-2013 Kawano Hospital. All Rights Reserved.