川野病院
トップページへ
病院概要へ
外来案内へ
入院案内へ
アクセスへ
各科紹介へ
検査案内へ
人間ドックへ
リハビリ
大腸検査のご案内へ
ピロリ菌へ
お知らせへ
関連リンクへ
    ■消化器内視鏡センター

当院では2002年に川野幸夫医師が赴任以来、消化器内視鏡に最も力をいれて来ましたが、2010年には川野勧医師、2017年には坂部俊一医師が常勤として加わり消化器内視鏡専門医3名の体制となりました。これを機に検査機器も充実させ診療に十分な環境を整え「消化器内視鏡センター」を開設いたしました。専門医による負担の少ない内視鏡をモットーに今後も努めてまいります。

検 査 室
検 査 室
内視鏡用洗浄器
内視鏡用洗浄器

当センターの特長
  • 最新型のオリンパス内視鏡(EVIS 290シリーズ)を導入しています。
  • 20年以上の検査実績がある内視鏡専門医3名が担当いたします。
  • 消化器内視鏡技師(検査介助する看護職員資格)が5名所属しています。
  • 負担の少ない検査を受けていただける工夫をしています。
    • 細径経鼻内視鏡の使用
    • 適量の鎮静剤の併用
    • 大腸内視鏡検査時に吸収の早い炭酸ガスを使用 など
  • 検査中の内視鏡の様子、画像を患者さまにもご覧いただけます。

診療内容

内視鏡検査
消化器疾患は近年益々増加しており、診療に欠かせないのが内視鏡検査です。   当院では2005年8月より経鼻内視鏡を導入し現在まで9,000件以上の検査実績があります。初めて検査を受ける方や過去の検査がつらかった方にも評価いただいております。大腸内視鏡では適量の鎮静剤と炭酸ガスの使用により負担を軽減する工夫をしており、ポリープが発見された際はできる限り当日にポリープ切除手術も行っております。最近1年間の検査実績は2,501件(胃 1,404件 大腸1,097件)でした

検査の詳細についてはこちらをご覧ください。

→ 内視鏡検査全般

→ ピロリ菌と胃の検査

→ 専門医による大腸内視鏡

内視鏡治療
内視鏡治療とは内視鏡を使用して様々な処置具を用いて行う治療です。体への負担は最小限で済みます。

□ 内視鏡的大腸ポリープ切除術

  • 内視鏡検査の際に発見されたポリープは当日に切除手術を行うのを基本としています。執刀医がポリープの大きさ、形、数にて日帰り手術または一泊入院を決めています。

□ 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

  • 早期胃がんに対して内視鏡を使用し、数十分の手術で腫瘍を切除し口から取り出します。当手術が可能かどうかは事前の詳細な検査と判断が必要で手術後は3から5日間程度の入院が必要です。坂部俊一医師は慈恵医大第3病院にて150例以上の執刀経験があります。

□ 内視鏡的消化管止血術

  • 吐血などの急性出血性胃潰瘍、急性出血性十二指腸潰瘍に行います。

□ 内視鏡的乳頭切開、切石術

  • 総胆管結石症に対して十二指腸乳頭部を切開し石を取り出す手術です。

□ 内視鏡的胃ろう造設術

  • 嚥下障害などの方に内視鏡を使って胃ろうを作製する手術です。

医師紹介
坂部俊一
センター長
センター長紹介




(消化器内科)
消化器内視鏡専門医
消化器病専門医
慈恵医大消化器内科出身
慈恵医大第3病院にて内視鏡検査・治療に長年従事
早期胃がんのESD手術150例以上の執刀経験

川野幸夫



(消化器外科)
消化器内視鏡専門医・指導医
大腸肛門病専門医
慶應義塾大学一般・消化器外科出身
当院で最も検査実績あり

川野 勧

(消化器外科)
消化器内視鏡専門医
消化器外科専門医
慈恵医大外科出身
胃・大腸・内視鏡治療の経験豊富


消化器内視鏡センター受診のご案内
受付時間 午前8時-12時 午後14時30分-18時
診療時間 午前9時-12時 午後15時30分-18時

 ご利用には通常の診療時間帯(月-土)に内科・外科への受診でご希望の検査日の予約が可能です。

■ 内視鏡センター検査実施担当医(外来受診にてご希望日の予約を承ります

午前 川野幸 川野勧 坂 部* 川野幸 川野勧*
午後 川野幸 川野勧 坂 部* 川野幸
*センター長 *土曜日は隔週となります。

医療財団法人 川野病院 042-522-8161


ページTOPへ  

Copyright (C) 2003-2013 Kawano Hospital. All Rights Reserved.